ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。

投稿日:2017.07.10
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
岐阜県
開催
2017年7月 8日
講 師:
川上和久 国際医療福祉大学教授
野田聖子 ぎふ政治塾総長
テーマ:
「メディア政治の功罪」
「通常国会を終えて」

7月8日(土)、第六期自民党ぎふ政治塾第10回講座・卒塾式を開催いたしました。
講義に先立ち、ぎふ政治塾主宰の猫田孝幹事長、組織委員長の佐藤武彦県議会議員にご挨拶をいただきました。
 第1部には、国際医療福祉大学教授の川上和久氏をお招きし、「メディア政治の功罪」をテーマにご講演をしていただきました。悪いところばかり取り上げられることで、民意が政治に反映されにくい状態になり、投票率が低下していると感じました。メディアが発達した社会の中で、メディア報道が有権者の争点についての判断に大きな影響を与えている状況であるということを学び、ネットを活用して情報を発信する場合は活用方法もしっかりと考えなくてはいけないと感じました。新聞やテレビなど論調も表面的に見るのではなく、核心はどういうことなのか見極めて見ることが大事だと思いました。
 第2部では、ぎふ政治塾総長の野田聖子県連会長をお招きし、「通常国会を終えて」をテーマに記念講演をしていただきました。自民党の現在の問題点や反省点などを教えて頂きました。自民党とは特定政党を持たない人たちの受け皿であり、様々な人を受け入れる政党であると改めて学ばせていただきました。野田総長の政治家としての在りかたとして、結果が全てであり、勝ったときは有権者の方のおかげで、これまでの実績を語るのではなく、これからどうするべきかを訴えていくかが大事である。人を批判するのではなく自分を磨かなければいけないということを教えていただきました。
 また第2部講義の前に、卒塾式を行いました。修了証書の授与、第9回講座での政策立案発表にて「儲かる自治体にするには」を発表し最優秀賞に輝いたグループの表彰、、優秀な成績を修めた塾生への表彰、2分間スピーチを行いました。第6期を通しての感想や今後の決意などを語っていただき、第6期塾生の今後を期待したいと思います。

「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ