ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。

投稿日:2017.08.23
「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。
栃木県
開催
2017年8月19日
講 師:
二之湯 武史 参議院議員
テーマ:
「価値創造型社会に向けて」

8月19日(土)宇都宮市において、自民党とちぎ未来塾第5回定期講座を開催しました。
 講師に、決算委員会理事、参議院自民党政策審議会 副会長 二之湯武史参議院議員(滋賀県選挙区)を迎え、「価値創造型社会に向けて」と題し、講演があった。
 講演に先立ち、講師の推薦する本、出口日出麿著、生きがい3部作「生きがいの探求、創造、確信」の紹介と選挙の地元である滋賀県の琵琶湖と歴史資源を活用した産業、観光等の新たな動きなどについて説明があつた。
 講演では、今後の国の未来を考える上での重要なポイントとなる社会の変化,変革等の必要性、主に経済を中心に専門的な分析のもと、将来を予測し現状、問題点等を解り易く解説がされた。
 戦後における日本の成長、発展は、人口の増加基調、若い国民(終戦直後、平均年齢26歳)、安価な人件費、固定された為替等、これらによってもたらされたが、現在の、成熟し少子高齢化した社会においては、多様な価値観の下、多品種、少量生産が主流となり過去の大量生産、消費の考え方では、社会のニーズに対応出来ない。日本の将来の発展のために、多様な価値観を見出し、それに対応した「価値創造型社会」の必要性を説かれた。
 また、この様な社会を実現していくために、従来型の経験則や主観的によるものからデータや証拠に基づく客観的なエビデンスベースト・ポリシーの考え方による人材の育成、教育の変革についても説明があった。
 講演後の座談会では、塾生から、政治家の立場としての教育への取り組みは、日本における価値創造の成功例、北朝鮮情勢、消費増税等の質問があつた。

「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。
「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。
「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ