ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「自民党大分政治学院」が開催されました

投稿日:2017.11.02
「自民党大分政治学院」が開催されました
大分県
開催
2017年10月28日
講 師:
第1講座:自見はなこ 参議院議員
第2講座:太田 房江 参議院議員
テーマ:
第1講座:「男女ともに輝く社会に向けて」
第2講座:「時局講演」

10月28日(土)、自民党大分県連政治学校「自民党大分政治学院」の第7・8講座を別府市で開催しました。
 初めに古手川正治副塾長が、先般の総選挙や今後の予算要望活動の取り組みなども交えて挨拶を行いました。
 第1講座では小児科医から国会議員になられた自見はなこ参議院議員に「男女ともに輝く社会に向けて」と題し、政治家を志したきっかけから党内部会の様子、皆保険制度の重要性などについてご講演いただきました。特に、母子愛着形成期の大切さやフィンランドの子育て支援「ネウボラ」についてのご説明は、塾生に新たな視点を与えていただきました。
 第2講座では、党女性局長で元大阪府知事の太田房江参議院議員にご講演いただきました。経産省時代にわが県の広瀬勝貞知事と一緒に仕事をしていたことや大阪府知事として取り組んだ様々な改革などについてお話しいただくとともに、「こども保険」については、その必要性等について様々なグラフ・資料を使用し、今後の国の状況や見通しについてもご説明されました。
 お二人の先生には、小児科医や大阪府行政のトップを務められたそれぞれの経験に基づき、また女性の立場から、今取り組まなければならないことについて塾生に分かりやすくご説明いただきました。
 また、今回講座終了後には懇親会も行われ、太田先生には飛行機の出発時間も迫るなかでしたが、岩屋毅党本部学院長、阿部英仁県連会長とともにご出席いただきました。塾生も講座とは違い、お互い打ち解けた会話で懇親を深めました。
 次回は12月初旬に最終の第9・10講座を行う予定です。

「自民党大分政治学院」が開催されました
「自民党大分政治学院」が開催されました
「自民党大分政治学院」が開催されました
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ