ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。

投稿日:2017.11.15
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
岐阜県
開催
2017年11月11日
講 師:
第1講座:石破 茂 衆議院議員
第2講座:選挙プランナー 三浦 博史 氏
テーマ:
第1講座:「地方創生」
第2講座:「選挙最新事情 あと1票」

11月11日(土)、「自民党ぎふ政治塾」第7期第2回講座が開催されました。
 第1部講義には、鳥取県第1区選出の石破 茂衆議院議員をお招きし「地方創生」をテーマに講義をしていただきました。
 石破議員からの「地方創生というものは、再生でなく創生のために自身の役割をしっかり果たしていかなければならない。中央からの提案を期待するのではなく、地方のことを一番知っている、地方に住んでいる人で自ら考えていかなければならない。」と熱のこもった講義を受け、各地方がそれぞれの強みや弱みを理解し世界にむけてブランドビジネスを展開していくことが大事であり、地方創生は、地方の発展だけでなく、日本全体の経済活動の維持、日本の将来、国の存命に関わる最重要の国策であると改めて認識できました。
 第2部講座では、選挙プランナーの三浦 博史 氏をお招きし「選挙最新事情 あと1票」と題して講義を行っていただきました。
 三浦氏からは「近年では期日前投票の呼びかけが一段と増えた。18歳以上への選挙権付与が今回選挙から実施されたことに伴い、18歳を迎えた学生のために高校や大学などに投票箱を設置するなど、投票率向上に向けた取り組みが見られるが、候補者をよく見比べないで投票するなど、投票してから後悔するパターンがある。まだまだ期日前投票の促進には改善する点が見受けられる。」といった講義があったほか、選挙戦や日常での自身の立ち振る舞い方など、再確認、再発見することができた講座になりました。

「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ