ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。

投稿日:2017.12.13
「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。
栃木県
開催
2017年12月 9日
講 師:
葉梨 康弘 衆議院議員
テーマ:
「お金の流れを作り、地域社会の担い手を育てる」

平成29年12月10日宇都宮市において、自民党とちぎ未来塾第8回定期講座を開催しました。
 講師に、法務副大臣兼内閣府副大臣、葉梨康弘衆議院議員(茨城3区)を迎え、「お金の流れを作り、地域社会の担い手を育てる」と題し、講演があった。
 始めに講師から、講師の推薦する本「人口と日本経済」東大名誉教授吉川洋著の紹介と講師の地元茨城県の課題である霞ヶ浦の再生について説明のあった後、講演に進んだ。
 講演は、日本経済の発展と地方創生への方策等につき講師自らが予算委員会や財務関係に関わっていたことから、専門的かつ実務経験に基づく明解な解説により、大変解り易い内容となった。
 日本経済の活性化の方策として、よりお金を回し経済の好循環を進めて行くことが肝要であるが、企業の内部留保377兆円、個人の金融資産1753兆円は過去最高を記録も、これが十分な設備投資や賃金に回らず、また、個人の消費も冷え込んだ状況が続いている現在、これらの解消のために大胆な金融緩和、機動的な財政出動等アベノミクスを進めていることなど種々の問題点や対応状況が解り易く解説された。さらに、新たな発展のためのICTへの重点投資、人口減少社会での外国人受け入れのための新制度の提案など具体的な例示による解説と相まって、人口減少社会における様々な問題を身近なものとして認識し捉えることが出来た。
 講演後の座談会では、受け入れる外国人はどこの国の人達か、移民でないとすれば何年程度受け入れるのか、今後の所得、消費はどうなるのか、北朝鮮難民問題、設備投資企業への減税など法人税制について、これからの農業、テレワーク、サテライトオフィス等の話題があがった。
 また、第3部のワークショップでは半年間にわたりグループで意見交換を重ねた、グループ討議の発表が行われた。

「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。
「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。
「自民党とちぎ未来塾」が開催されました。
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ