ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

自民党「大分政治学院」

投稿日:2018.05.30
自民党「大分政治学院」
大分県
開催
2018年5月26日
講 師:
第1講座 西田 昌司 参議院議員
第2講座 青山 繁晴 参議院議員
テーマ:
第1講座 「時局講演」
第2講座 「日本の出番-祖国は甦る-」

5月26日(土)、第4期となる「自民党大分政治学院」が開講しました。定員を超える33名の塾生を迎え、開講式ならびに第1講座・第2講座を開催しました。
 開講式では、土居昌弘塾長が県下各地から参加された塾生にエールを送りました。
 第1講座では、参議院自民党国対委員長代行の西田昌司参議院議員にご講演いただき、「保守で一番大事なものは柔軟性であり、変化に的確に対応しなければならない」こと。また、「各政策は実施するタイミングが重要であり、これまでの思い込みを払拭しなければならない」ことなどについて、具体例を挙げてご教示いただきました。更に、「志は途中で頓挫し挫折することもあるが、その際に再び自ら立ち上がることの大切さ」を熱く塾生に語っていただきました。
 第2講座では、青山繁晴参議院議員に「日本の出番-祖国は甦る-」と題して、ご講演いただきました。先生は会場全体を移動しながら塾生一人ひとりと目を合わせ、質問形式の会話を交え、自身が参議院議員なるまでの経緯や資源問題や国防問題などについて、具体例を挙げ日本の将来の展望についてご説明されました。
 両先生の情熱は塾生にも伝わり、あっという間に予定時間が過ぎていました。

自民党「大分政治学院」
自民党「大分政治学院」
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ