ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「自民党大分政治学院」が開催されました

投稿日:2018.07.06
「自民党大分政治学院」が開催されました
大分県
開催
2018年6月30日
講 師:
第1講座 平沢 勝栄 衆議院議員
第2講座 牧島 かれん 衆議院議員
テーマ:
第1講座 「憲法改正」について
第2講座 「2030年の近未来政府に関する提言デジタル・ニッポン2018」

6月30日(土)、自民党大分県連政治学校「大分政治学院」が大分市で開催されました。
 はじめに県会議員の土居昌弘塾長から、先般閉会した県議会を振り返りながら、今後、県内を盛り上げていくために塾生と共に協力し、努力していくことを誓いました。
 第1講座では、平沢勝栄衆院議員が講師として立ち、はじめに過去に安倍晋三総理の家庭教師を務めていたことなど、自身のこれまでの経歴や、民主党政権の失敗から得られた教訓、日本と外国の報道の違いなどについて触れられました。その後、憲法改正推進本部で副本部長を務める憲法改正について、その必要性を条文の具体例を挙げながらわかりやすくご説明いただきました。平沢先生の軽快なお話に塾生も笑顔が溢れ、熱心に話に聴き入っていました。
 第2講座では、牧島かれん衆院議員が「2030年の近未来政府に関する提言デジタル・ニッポン2018」と題して講演されました。デジタルファーストの取り組みや、国民生活の利便向上のため、今後スマホを活用した「手のひら行政」の可能性についてご説明いただきました。塾生からは自身が住む町での取り組みや可能性について質問が相次ぎました。

「自民党大分政治学院」が開催されました
「自民党大分政治学院」が開催されました
「自民党大分政治学院」が開催されました
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ