ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。

投稿日:2018.09.29
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
岐阜県
開催
2018年9月29日
講 師:
野田 聖子 県連会長
テーマ:
時局講演

9月29日(土)「第八期自民党ぎふ政治塾」が開校され、地方議員、会社員、若手経営者、公務員、学生などが参加、グランヴェール岐山にて入塾式並びに第1回目の講義を実施しました。
 第1部の入塾式では、野田聖子総長(県連会長、総務大臣)、渡辺猛之塾長(参議院議員)、村下貴夫主宰(県連幹事長)、田中勝士県連組織委員長(県議会議員)から塾生へ激励のあいさつをいただいた後、野田総長より塾生一人ひとりに入塾証が授与されました。
 その後、野田総長による時局講演では、ふるさと納税のお話や自らの当選後のエピソードなどを講演され、既得権益の矛盾や現実の政治内容を理解できた等、塾生からは心に残る演説でしたとの感想をいただきました。
 一部の締めくくりに、塾生から自己紹介を兼ねての一人一言スピーチで決意を述べていただきました。
 今期は35名が入塾され、前期よりの継続者や新規入塾者とも、政治に対する志を持って入塾され、出席者全員が心新たにスタートされました。
 その後、阿部竹松氏(日本大学名誉教授)による講演が行われ、立候補者に求められるスピーチ技法をテーマに講演をいただき、現在の有権者の意識変化等、過去との変化のご説明をいただき、スピーチの組み立て方、速度、行儀作法、姿勢や目線、服装、聴衆の心をつかむ話し方などスピーチのイロハを伝授いただきました。
 受講生が候補者になった事をイメージし、実際に受講者が登壇し、マイクを通し立会演説や街頭演説を短く行い、その演説に対し阿部先生から感想や意見を交えて講評をいただきました。中には初めて演説される方もみえ、緊張しながら演説される塾生もみえましたが、それぞれが阿部先生の講評に耳を傾けていました。
 塾生からは実際の塾生のスピーチの評価があり、ポイントが分かり易く理解できたや、演説内容のみならず政治家としての必要な振る舞い、人は耳だけではなく目で聞いており、学歴ではなくみんなのために働ける人が必要である等の塾生からの感想をいただき、現在の有権者が求める政治家像や票獲得の本質、実際の1票の大切さを理解し実感でき、非常に充実した講演でありました。
 最後に講師の阿部先生を囲み集合写真を撮影で入塾式、第1回講座を修了致しました。

「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ