ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。

投稿日:2018.10.27
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
岐阜県
開催
2018年10月27日
講 師:
小野田 紀美 参議院議員
テーマ:
「我が国の諸問題と政治活動のあり方について」

平成30年10月27日(土)、県連大会議室において第8期第3回講座を開催しました。
 最初に、渡辺猛之塾長(参議院議員)、長屋光征県連組織副委員長(県議会議員)にご臨席をいただき激励のご挨拶をいただきました。
 第1部講義には、小野田紀美参議院議員をお招きして「我が国の諸問題と政治活動のあり方」をテーマに、自らの生い立ちから政治家を目指した志、区議会議員時代の苦労話や地方議員を取り巻く現状等のお話をいただき、「選挙はお金が無くても出来る。政治家はクリーンにやる事、お金をかけずにやる事、信念をもってやる事。」と述べられ、政治家を志す塾生にとって身が引き締まるお話をいただきました。
また、国の諸問題として、仕事が無い時代から人材不足の時代に変化してきたが、地方では業種によって仕事が無い状況である現状や、外国人研修生を始めとする外国人労働者の課題など詳細なお話をいただきました。

第2部講座では、元三重県副知事 北川正恭氏から「戦後政治の変化-集権から分権-紙からネット-依存から自立-」をテーマにご講義をいただきました。様々な政治改革を行なわれ、政治改革は選挙を変えなければならないことから公職選挙法を改正し、中選挙区⇒小選挙区制度へ。真の政治改革は立法、司法、行政改革であり、行政改革は地方分権である、選挙をお願いから約束の選挙に変える、それがマニュフェストであり、マニュフェストを掲げ三重県知事に当選した。ローカル選挙でマニュフェストは有効で最大の武器になる。何の為に、誰の為になるのかを提唱して活動していただきたい等のお話をいただき、大変有意義な講座でありました。

「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
「自民党ぎふ政治塾」を開催しました。
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ