ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「宮城未来塾」を開催しました。

投稿日:2018.12.15
「宮城未来塾」を開催しました。
宮城県
開催
2018年12月15日
講 師:
党北朝鮮による拉致問題対策本部長 山谷 えり子 参議院議員
テーマ:
『拉致問題解決のために』

12月15日(土)、TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口において、自民党宮城県連第7期宮城未来塾「塾生報告会」・「卒塾式」を開催しました。

はじめに、石川光次郎塾長より「塾生報告会」の運営について説明があり、塾生が事前に準備したそれぞれの課題について「私のビジョン」の発表を行いました。説明用紙(模造紙)を用いて、1人制限時間5分間での発表の後、塾生と役員がそれぞれに採点し集計、厳正なる審査を経て成績優秀者を選びました。
 教育・子育て・福祉・医療・地方創生・経済活性化策等様々な論点から、塾生独自の切り口、観点に着目し考察を加えた素晴らしい発表・最終報告の連続となりました。甲乙つけがたい審査、選考となりましたが、成績優秀者に対し表彰を行い、安藤俊威副塾頭が講評を述べました。

また当日は今期最終講演として、山谷えり子参議院議員・党北朝鮮による拉致問題対策本部長を講師に迎え、『拉致問題解決のために』と題しての記念講演、塾生との質疑応答を行いました。
 山谷議員からは、「過去には北朝鮮に何度も裏切られてきた経験から、一部で見られる北朝鮮への宥和は、むしろ拉致問題の真の解決から遠のいてしまう」と警戒感を示し、北朝鮮側の世論分断工作に惑わされず、解決に向けて国会や国民の力を結集させることが大切であると、最終の講座にふさわしい、力強い訴えがありました。

その後、卒塾式では安藤副塾頭より卒塾証書を塾生一人ひとりに授与しました。
 今回で第7期宮城未来塾の最終講義となり、塾生のみなさんは卒塾いたします。1年間の講義を通して得た学びの機会を大切に、今後は塾での経験をそれぞれに活かし、より良い地域社会の構築に向け、最大限に貢献、活躍いただければ幸いです。塾生のみなさん1年間ご参加いただきありがとうございました。また宮城未来塾の開催にあたり、ご協力いただいた多くのみなさまありがとうございました。こころより感謝、御礼申し上げます。

「宮城未来塾」を開催しました。
「宮城未来塾」を開催しました。
「宮城未来塾」を開催しました。
「宮城未来塾」を開催しました。
「宮城未来塾」を開催しました。
「宮城未来塾」を開催しました。
「宮城未来塾」を開催しました。
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

全国46都道府県で活動中!

ページトップへ