ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「第35回まなびとスコラ」(講師:野田 聖子 衆議院議員)を開催しました。

投稿日:2018.02.08
「第35回まなびとスコラ」(講師:野田 聖子 衆議院議員)を開催しました。
開催
2018年2月 6日
講 師:
野田 聖子 衆議院議員
テーマ:
「女性の輝く社会の実現に向けて」

2月6日(火)、第35回まなびとスコラを開催しました。今回は、野田聖子総務大臣を講師に迎え、「女性の輝く社会の実現に向けて」をテーマに講演とディスカッションを行いました。
 女性の社会進出が進むと国富が約17兆円増加するという試算を基に、少子化による人口減少とともに「女性の社会進出が進んでいないこと」自体が経済成長の阻害要因となっていることなど、国を支えるためには女性も社会人の義務を果たす環境整備が必要であるという強い危機感が示されました。
 そのためにも、家庭と仕事を両立できるよう、「職場での長時間労働」という従来の工場生産型の働き方に捉われず、テレワークの導入など職場にいなくとも働くことが出来る環境づくりや、時給も社会保障も少ない非正規雇用に女性が多い現状を打破するための同一労働同一賃金制度の導入など、今後の必要な取り組みの説明がありました。
 また、かつての政界では、女性議員が大臣に抜擢されても、必ずしも所管が得意分野の担当とならず活躍に繋がらなかった事例を振り返りつつ、現在取り組んでいる「働き方改革」を定着させ、ゆくゆくは女性の活躍が当たり前になり、「輝く女性」「女性活躍」という言葉が使われなくなる世の中にしていきたい、と熱い想いが語られました。
 講演後、出席者から多くの質問が投げかけられ、白熱した議論が行われました。

「第35回まなびとスコラ」(講師:野田 聖子 衆議院議員)を開催しました。
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

全国46都道府県で活動中!

ページトップへ