ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
中央政治大学院Facebook
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

第71回まなびとプロジェクト(講師:橋本 岳 衆議院議員)を開催しました。

投稿日:2018.05.31
第71回まなびとプロジェクト(講師:橋本 岳 衆議院議員)を開催しました。
開催
2018年5月29日
講 師:
橋本 岳 衆議院議員
テーマ:
「働き方改革」

5月29日(火)、第71回まなびとプロジェクトを開催しました。今回は、J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)の皆様を対象に、党厚生労働部会長を務める橋本岳衆議院議員を講師に迎え、今国会で最重要法案と位置付けられている「働き方改革」について解説とディスカッションを行いました。
 冒頭、橋本議員からは、「『働き方改革』が必要な理由として、少子高齢化により労働力人口が減少していく事が避けられない日本で、人手不足を何とか解消し、経済成長と富の配分の好循環を維持していくためには、労働環境を改善し賃金の上昇を行うことが必要だ」と背景を説明されました。
 更に橋本議員からは、「国会論戦の報道では、『高度プロフェッショナル制度(高プロ)』や『裁量労働制』によるサービス残業が増える事ばかり取り上げられているが、正規・非正規の区別なく、同一労働同一賃金等の非正規雇用の処遇改善や長時間労働の是正、生産性向上等の包括的な改革となっている」と、詳細な資料に基づいて分かりやすく内容を解説されました。
 その後、参加者からは、「高度プロフェッショナル制度と裁量労働制の違い」や「採用労働に対する評価の行い方」や「副業の在り方」等について、多くの質問が寄せられ、闊達な議論が展開されました。

第71回まなびとプロジェクト(講師:橋本 岳 衆議院議員)を開催しました。
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

ページトップへ