ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党役員による「ネットDeマイ(出前)講座」を開催しました

投稿日:2020.07.30
党役員による「ネットDeマイ(出前)講座」を開催しました
開催
2020年7月30日
講 師:
政務調査会長 岸田 文雄 衆議院議員

7月30日(木)、インターネット講座「党役員による『ネットDeマイ(出前)講座』」が開催されました。今回の講師には、「党四役」の一人であり政務調査会長を務める岸田文雄衆議院議員を迎えました。
 講座では、中谷元中央政治大学院学院長から、「政務調査会(以下、政調会)ならびに政調会長の役割について」「来年度予算編成のための骨太の方針」「コロナ後の社会の在り方」等について質問がされました。
 それに対して岸田政調会長からは、「政調会は政府が閣議決定し国会に提出する前に全ての法案や条約の事前審査を行う。『事前承認主義』というが、これは立党直後からのルールであり今でも守られている。我々の役割は、国民から直接選ばれた国会議員が直接議論するのであり、より国民の意見に近いものだと思っている。そして我々は、党内には様々な意見や議論がある中で、最後は結論を出す責任を担っている。その重みは大変重要だと思う」と述べられました。
 さらに「コロナ後の社会の在り方」についても分かりやすく解説頂きました。そして最後に、これから政治家を目指す人に対して「政治家に求められるものは人との信頼関係に尽きる。信頼されなければ当選はあり得ない。そして日本は、コロナ対策で戦後最大の国難を迎えているが、我々は目の前の課題を解決すると同時に、未来の日本をどうするかについても取り組んで行かなければならない」と述べられました。

詳しくは下記動画をご覧ください。
https://youtu.be/CF5Ody4O1-Y

党役員による「ネットDeマイ(出前)講座」を開催しました
党役員による「ネットDeマイ(出前)講座」を開催しました
ここで本文終わりです

あなたの街の政治学校

全国47都道府県で活動中!

ページトップへ